ホロコースト

ユダヤ人に関するドイツの歴史事項

ホロコースト(大量虐殺)に関する引用、諺。

ホロコーストは原義においてユダヤ教の全焼の捧げ物をいう。転じて、ドイツ・ナチ党政権下にドイツおよびその占領地域において、ユダヤ人やシンティ・ロマ人などに対して組織的に行われたとされる大量虐殺を指す。

出典の明らかなもの編集

帰せられるもの編集

  • 私は独伊と同盟は結んだが、ユダヤ人を殺す約束まではしていない。-松岡洋右
    • 松岡は南満州鉄道を使いユダヤ避難民を保護した。
  • 私が彼の身代わりになります、私はカトリック司祭で妻も子もいませんから --マキシミリアノ・コルベ
    • 見せしめのための餓死刑にされそうになった人を救った言葉。