夕焼け

日没の頃、西の地平線に近い空が赤く見える現象

夕焼けに関する引用と諺。

日本語編集

俳句においては夕焼けはの季語である。

夏の夕焼け編集

  • 海神の豊旗雲に入日さし今夜の月夜さやけくありこそ --天智天皇
  • 入り日さしひぐらしの音をきくからにまだきねぶたき夏の夕暮 --曾禰好忠
  • 石崖に子ども七人腰かけて河豚を釣り居り夕焼小焼 --北原白秋『雲母集』
  • 夕焼や手にせる魚を喜びて --長谷川零余子