メインメニューを開く

Wikiquote β

孫子は中国・春秋時代の兵法書。伝統的に孫武の作とされる。

目次

引用編集

計篇編集

  • 兵とは国の大事なり。死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。
    兵者國之大事也。死生之地、存亡之道、不可不察也。
  • 算多きは勝つ。
    多算勝。
  • 兵は詭道なり。
    兵者、詭道也。

作戦篇編集

  • 兵は拙速なるを聞くも、未だ巧久なるを睹ざるなり。
    兵聞拙速、未睹巧之久也。

謀攻篇編集

  • 国を全うするを上と為し、国を破るは之に次ぐ。
    全國爲上、破國次之。
  • 百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり。戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。
    百戰百勝、非善之善者也、不戰而屈人之兵、善之善者也。
  • 彼を知り己を知れば百戦殆うからず。彼を知らずして己を知るは一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば戦う毎に殆うし。
    知彼知己、百戰不殆。不知彼而知己、一勝一負。不知彼不知己、毎戰必殆。

形篇編集

  • 勝兵は先ず勝ちて而る後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いて而る後に勝ちを求む。
    勝兵先勝而後求戰、敗兵先戰而後求勝。

勢篇編集

  • 戦いは、正を以って合し、奇を以って勝つ。
    戰者、以正合、以奇勝。
  • 色は五に過ぎざるも、五色の変は勝げて観る可からず。
    色不過五、五色之變、不可勝觀也。

虚実篇編集

  • 善く戦うところの者は、人を致して人に致されず。
    善戰者、致人而不致於人。
  • 善く攻むる者は、敵其の守る所を知らず。善く守る者は、敵其の攻むる所を知らず。
    善攻者、敵不知其所守。善守者、敵不知其所攻。

軍争篇編集

  • 其の疾きこと風の如く、其の徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如く、知り難きこと陰の如く、動くこと雷震の如し。
    其疾如風、其徐如林、侵掠如火、不動如山、難知如陰、動如雷震。

九地篇編集

  • 始めは処女の如く、敵人戸を開くや、後は脱兎の如く、敵は拒ぐに及ばず。
    始如處女、敵人開戸、後如脱兔、敵不及拒。

火攻篇編集

  • 戦えば勝ち攻むれば取るも、其の功を修めざる者は凶なり。
    戰勝攻取、而不修其功者凶。
  • 怒りはまた喜ぶべく、慍りはまた悦ぶべきも、亡国はもってまた存すべからず、死者はもってまた生くべからず。
    怒可復喜也、慍可復悦也、亡國不可以復存、死者不可以復生。

外部リンク編集

ウィキペディアにも孫子の記事があります。
ウィキソース孫子兵法に関する記事群があります。