富永仲基

日本の、江戸時代の町人学者、思想史家

富永仲基(とみなが なかもと、正徳5年(1715年) - 延享3年8月28日(1746年10月12日))は、江戸時代大坂の町人学者。懐徳堂の学風である合理主義・無鬼論の立場に立ち、儒教・仏教・神道を批判した。『出定後語』などを著す。

帰せられるもの編集

  • 達者は時と処とによりて、しかしてその律を制す。

外部リンク編集

ウィキペディアにも富永仲基の記事があります。