メインメニューを開く

新渡戸稲造

日本の農学者・教育者・倫理哲学者
新渡戸稲造

新渡戸稲造編集

新渡戸稲造(にとべ いなぞう、1862年9月 1日(文久2年8月8日) - 1933年(昭和8年)10月15日)は、農学者、教育者。

新渡戸稲造の言葉であるとされるもの編集

  • とかく物事には明暗の両方面がある。私は光明の方面から見たい。そうすれば、自ずから愉快な念が湧いてくる。
  • 逆境にある人は常に「もう少しだ」と思って進むとよい。いずれの日か、前途に光明を望むことを疑わない。
  • 勇気が人の精神に宿っている姿は、沈着、すなわち心の落ち着きとしてあらわれる。