メインメニューを開く

明智光秀

日本の戦国時代の武将
明智光秀

明智光秀(1528年-1582年7月2日)編集

あけちみつひで、戦国時代の武将。

  • 順逆二門に無し 大道心源に徹す 五十五年の夢 覚め来れば 一元に帰す -辞世の句

本人のものとされる言葉編集

  • 「仏のうそは方便という。武士のうそは武略という。土民百姓はかわゆきことなり。」
    『老人雑話』より。
  • 「敵は本能寺にあり」又は「我が敵は本能寺にあり」
    主君織田信長を攻めたときの言葉とされる。
ウィキペディアにも明智光秀の記事があります。