明治天皇

日本の第122代天皇

明治天皇(めいじてんのう、1852年〈旧暦:嘉永5年〉〜1912年〈明治45年〉、在位:1867年〈慶応3年〉〜1912年〈明治45年〉)は、第122代天皇。孝明天皇の第二皇子。名は睦仁(むつひと)。

明治天皇

情報源の確実なもの編集

  • もの学ぶ道にたつ子よおこたりにまされる仇はなしとしらなむ
    • 明治38年の御製[1]。他2首とともに文部省唱歌に採られる。
  • 四方の海みなはらからと思う世になど波風のたちさわぐらん
    • 明治37年の御製[2]。孫にあたる昭和天皇が1941年日米開戦前の御前会議において引用したことで知られる。

外部リンク編集

ウィキペディアにも明治天皇の記事があります。