源兼昌

平安時代後期の貴族・歌人

源兼昌(みなもと の かねまさ、生没年不詳)は、平安時代中期から後期にかけての歌人・官人。宇多源氏で、美濃介・源俊輔の子。子に昌快、前斎院尾張がいる。官位は従五位下・皇后宮少進。家集は伝わらない。没年については不詳であるが大治3年(1128年)頃には生存していたようである。

源兼昌

引用編集

  • 淡路島かよふ千鳥の鳴く声に幾夜寝覚めぬ須磨の関守
    • 『金葉和歌集』『百人一首』収録。

外部リンク編集

ウィキペディアにも源兼昌の記事があります。