「高市皇子」の版間の差分

たけちのみこ。[[天武天皇]]の第一皇子。子に長屋王、鈴鹿王など。
 
 
*みもろの神の神杉已具耳矣自得見監乍共寝ねぬ夜ぞ多き (万葉集)
== 万葉集 ==
*神山の山邊真蘇木綿みじか木綿かくのみ故に長くと思ひき (万葉集)
 
*山吹の立ちよそひたる山清水汲みに行かめど道の知らなく (万葉集)
*みもろの神の神杉已具耳矣自得見監乍共寝ねぬ夜ぞ多き (万葉集)
*:三諸之 神之神須疑 已具耳矣自得見監乍共 不寝夜叙多 -- 萬葉集 2巻156
*神山の山邊真蘇木綿みじか木綿かくのみ故に長くと思ひき (万葉集)
*:神山之 山邊真蘇木綿 短木綿 如此耳故尓 長等思伎 -- 萬葉集 2巻157
*山吹の立ちよそひたる山清水汲みに行かめど道の知らなく (万葉集)
*:山振之 立儀足 山清水 酌尓雖行 道之白鳴 -- 萬葉集 2巻158
 
{{wikipedia|高市皇子}}
858

回編集