「夏」の版間の差分

編集の要約なし
[[w:夏|夏]]に関する引用、諺
 
==引用==
*[[春]]過ぎて夏來るらし白妙の衣干したり天の香具山 -- [[持統天皇]] 『万葉集』
 
*夏の[[夜]]はまだ宵ながらあけぬるを雲のいづこに[[月]]やどるらむ --[[清原深養父]]
 
*夏は、夜。月の頃はさらなり。闇もなほ。[[蛍]]の多く飛び違ひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。[[雨]]など降るもをかし。-- [[清少納言]] 『枕草子』
 
*[[風]]そよぐならの小川の[[夕暮れ]]はみそぎぞ夏のしるしなりける --[[藤原家隆]]
 
*[[家]]のつくりやうは夏をむねとすべし。- [[吉田兼好]]『徒然草』五十五段
 
*きみを夏の日に喩えようか。/君はさらに美しく、さらに優しい。--[[ウィリアム・シェイクスピア]]
*: "Shall I compare thee to a summer's day?<br>Thou art more lovely and more temperate:" - William Shakespeare, ''The Sonnets', XVIII (18)
 
*春が蒔かなかったものを、夏は実らせず、秋は刈り取らせず、冬は楽しむことがない。--[[ヨハン・ゴットフリート・フォン・ヘルダー]]
*:"Was der Frühling nicht säte, kann der Sommer nicht reifen, der Herbst nicht ernten, der Winter nicht genießen."
 
*夏[[川|河]]を越すうれしさよ手に草履 --[[与謝蕪村]]
 
*夏の午後(Summer afternoon)―夏の午後。私には、英語のなかでもっとも美しいことばだ。--[[ヘンリー・ジェームズ]]
*: "Summer afternoon— summer afternoon; to me those have always been the two most beautiful words in the English language." - Henry James
 
*夏嵐机上の白紙飛び尽(つく)す --[[正岡子規]]
 
*夏の風[[山]]よりきたり三百の牧の若馬耳ふかりけり --[[与謝野晶子]]
 
==諺==
*飛んで[[火]]に入る夏の[[虫]] --[[日本の諺]]
*夏歌う者は[[冬]]泣く --日本の諺
*夏の小袖 --日本の諺
*貰う物は夏も小袖 --日本の諺
 
[[Category:主題別|なつ 夏]]
13

回編集