「雁」の版間の差分

 
 
*[[秋]]は、夕暮。夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに、[[烏]]の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの列ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、[[風]]の[[音]]、[[虫]]の音など、はたいふべきにあらず。-[[清少納言]]
*:三巻本系『枕草子』
*[[春]]かすみ 立つを見すてて 行く雁は [[花]]なき里に 住みやならへる -[[伊勢 (歌人)|伊勢]]
*:『古今和歌集』
858

回編集