「太宰治」の版間の差分

 
*すべての思念にまとまりをつけなければ生きて行けない、そんなけちな根性をいったい誰から教わった?--『道化の華』
 
*夏まで生きていようと思った。--『葉』
 
*恥の多い生涯を送って来ました。--『人間失格』
 
*そこで考え出したのは、道化でした。それは、自分の、人間に対する最後の求愛でした。--『人間失格』
 
*人間、失格。もはや、自分は、完全に、人間でなくなりました。--『人間失格』
 
*いまは自分には幸福も不幸もありません。ただ、一さいは過ぎて行きます。--『人間失格』
 
*眼鏡をとって、遠くを見るのが好きだ。全体がかすんで、夢のように、覗き絵みたいに、すばらしい。--『女生徒』
 
*泣いてみたくなった。うんと息をつめて、目を充血させると、少し涙が出るかも知れないと思って、やってみたが、だめだった。もう、涙のない女になったのかも知れない。--『女生徒』
 
{{wikipedia|太宰治}}
匿名利用者