「雪」の版間の差分

1,532 バイト追加 、 15 年前
編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[w:雪|雪]]に関する引用と諺。
==万葉集==
*<font size=-1>藤原夫人に賜ふ御歌</font><br />我が里に大雪降れり大原の古りにし里に降らまくは後(のち) -[[天武天皇]]<br /><font size=-1>返し</font><br />我が岡の龗(おかみ)に言ひて降らしめし雪の摧(くだ)けしそこに散りけむ -藤原夫人(藤原鎌足女)
*:天武天皇の後宮の藤原夫人が大原(今の奈良県明日香村小原)に里下りしていたときの詠。「龗(おかみ)」は雨や雪を掌るとされた水神。『万葉集』巻二・103,104
 
*我が背子に見せむと思ひし梅の花それとも見えず雪の降れれば -[[山部赤人]]
*[[風]]交じり [[雨]]降る夜の 雨交じり [[雪]]降る夜は 術も無く 寒くしあれば 堅塩を とりつつしろひ 糟湯酒 うちすすろひて しはぶかひ 鼻びしびしに しかとあらぬ 髭掻き撫でて 我れをおきて 人はあらじと 誇ろへど 寒くしあれば 麻衾 引き被り 布肩衣 ありのことごと 着襲へども 寒き夜すらを 我れよりも 貧しき人の 父母は 飢ゑ凍ゆらむ 妻子どもは 乞ふ乞ふ泣くらむ この時は いかにしつつか 汝が世は渡る --[[山上憶良]]「貧窮問答歌」
*:『万葉集』巻六・944
 
*田子の浦ゆうちいでてみれば真白にそ富士の高嶺に雪は降りける -[[山部赤人]]
*:『万葉集』巻八・318。小倉百人一首では「田子の浦にうちいでてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ」。
*<font size=-1>宴席詠雪月梅花一首(宴席に雪・月・梅花を一首に詠める)</font><br />雪の上に照れる月夜に梅の花折りて送らむはしき子もがも -[[大伴家持]]『万葉集』巻十八
 
*新(あらた)しき年の初の初春の今日降る雪のいや重け吉事(よごと) -[[大伴家持]]
*:『万葉集』巻二十・4516。『万葉集』最後の一首である。天平宝字3年(759年)正月一日、因幡国庁での詠。
 
===富士の雪===
*琴[[詩]][[酒]]の[[友情|友]]は皆我を抛つ<br />[[雪月花]]の時最も君を憶ふ -[[白居易]]「殷協律に寄す」
*……天の原 振り放け見れば 渡る日の 影も隠らひ 照る月の 光も見えず 白雲も い行きはばかり 時じくそ 雪は降りける……<br /><font size=-1>反歌</font><br />田子の浦ゆうちいでてみれば真白にそ不尽(ふじ)の高嶺に雪は降りける -[[山部赤人]]
*:『万葉集』巻三・317,318。小倉百人一首では「田子の浦うちいでてみればにそ妙の富士の高嶺に雪は降りける -[[山部赤人]]つつ」。
 
*不尽(ふじ)の嶺(ね)に降り置く雪は六月(みなづき)の十五日(もち)に消ぬればその夜降りけり -高橋虫麻呂
*[[時間|時]]知らぬ山は[[富士]]の嶺いつかとて[[鹿]]の子まだらに雪の降るらむ -『[[伊勢物語]]』
*:『万葉集』巻三・320
 
**[[時間|時]]知らぬ山は[[富士]]の嶺いつかとて[[鹿]]の子まだらに雪の降るらむ -『[[伊勢物語]]』在原業平
**:『[[伊勢物語]]』・『新古今和歌集』雑中。
 
==雪月花==
*[[]][[詩]][[酒]]の[[友情|友]]は皆我を抛つ<br /> [[雪月花]]の時最も君を憶ふ -[[白居易]]「殷協律に寄す」
 
*<font size=-1>宴席詠雪月梅花一首(宴席に雪・月・梅花を一首に詠める)</font><br />雪の上に照れる月夜に梅の花折りて送らむはしき子もがも -[[大伴家持]]『万葉集』巻十八
 
==古今和歌集==
*君がため[[春]]の野にいでて若菜つむわが衣手に[[雪]]はふりつつ --[[光孝天皇]]
*:『古今和歌集』春上。[[藤原定家]]の『小倉百人一首』にも収録。
 
*霞立ち木の芽もはるのれば[[木]]ごとに花なき里も花ぞさきに散りけるいづれを[[梅]]とわきてをらまし - [[紀友則貫之]]
*:『古今和歌集』春上。
*:「木ごと」(木毎)は、梅をあらわしたもの。漢詩の技法である離合詩を採り入れた和歌。
 
*雪降れば冬こもりせる草も木も春に知られぬ花ぞ咲きける -[[紀貫之]]
*:『古今和歌集』冬。
 
*雪の内に春はきにけりうぐひすのこほれる涙今やとくらむ -二条后(藤原高子)
*:『古今和歌集』春上。
 
*白雪のところもわかずふりしけば巌にもさく花とこそ見れ -紀秋岑
*:『古今和歌集』冬。
 
*<font size=-1>雪の降りけるを見てよめる</font><br />雪ふれば[[木]]ごとに花ぞさきにけるいづれを[[梅]]とわきてをらまし - [[紀友則]]
*:『古今和歌集』冬。「木ごと」(木毎)は、梅をあらわしたもの。漢詩の技法である離合詩を採り入れた和歌。
 
*冬ながらそらより花のちりくるは雲のあなたは春にやあるらむ -清原深養父
*:『古今和歌集』冬。
 
*[[朝]]ぼらけ有明の[[月]]とみるまでに[[吉野]]の里にふれる白雪 -[[坂上是則]]
*:『古今和歌集』冬。[[藤原定家]]の『小倉百人一首』にも収録。
 
==中古==
*<font size=-1>久しう罷り通はずなりにければ、十月ばかりに雪の少し降りたる朝、言ひ侍りける</font><br />身をつめばあはれとぞおもふ初[[雪]]のふりぬることも誰にいはまし -[[右近]]
*:『御撰和歌集』巻十四・恋六。
 
*[[冬]]はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。--[[清少納言]]三巻本系『枕草子』
 
*雪のいと高う降りたるを 例ならず御格子まゐりて 炭櫃に火おこして 物語などして集りさぶらふに <font size=-1>(宮)</font>「少納言よ 香炉峰の雪いかならむ」とおほせらるれば 御格子上げさせて御簾を高く上げたれば 笑はせたまふ。-清少納言
 
==新古今和歌集==
*[[馬|駒]]とめて袖うちはらふかげもなし佐野のわたりの雪の[[夕暮]] -[[藤原定家]]
*:『新古今和歌集』冬。
*:『新古今和歌集』春上。「若草の宮内卿」の異名の由来。
 
==その他==
*これがまあつひのすみかか雪五尺 -[[小林一茶]]
 
*[[朝]]ぼらけ有明の[[月]]とみるまでに[[吉野]]の里にふれる白雪 -[[坂上是則]]
*:『古今和歌集』。[[藤原定家]]の『小倉百人一首』にも収録。
 
*<font size=-1>一</font> 雪ながら山もとかすむ夕かな -宗祇<br /><font size=-1>二</font> 行水遠く梅にほふ里 -肖柏
*いくたびも雪の深さを尋ねけり -[[正岡子規]]
 
*……<br />汚れつちまつた悲しみは<br />たとへば狐の革裘(かはごろも)<br />汚れつちまつた悲しみは<br />小雪のかかつてちぢこまる<br />…… -[[中原中也]]「汚れつちまつた悲しみに……」『山羊の歌』より
 
*太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。<br />次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。 -[[三好達治]]「雪」『測量船』より
60

回編集