「酒」の版間の差分

 
*あな醜賢しらをすと酒飲まぬ人をよく見ば猿にかも似む -[[大伴家持]]
*:*『万葉集』巻三・344。「讃酒歌十三首(酒を讃むる歌十三首)」の第七首。
 
*世の人はさかしらをすと酒飲みぬあれは柹くひて猿にかも似る -[[正岡子規]]「明治三十年十月二十九日天田鉄眼宛書簡」から
*:*鉄眼和尚に柿十五個を貰った返礼の短歌五首の一。
 
*葡萄の美酒夜光の杯<BR>飲まんと欲すれば琵琶を馬上に催す<BR>酔ひて沙場に臥す君笑ふなかれ<BR>古来征戦し幾人か回(かえ)る --[[王翰]]『涼州詞』
**:[[ワイン|葡萄美酒]][[]][[]]杯<BR>欲飮[[琵琶]]馬上催<BR>醉臥沙場君莫笑<BR>古來征戰幾人囘 
 
*琴詩酒の友は皆我を抛つ [[雪月花]]の時最も君を憶ふ --[[白居易]]「寄殷律協」
60

回編集