「藤原定家」の版間の差分

(+Cat日本人)
小倉百人一首は[[Wikisource:小倉百人一首|ウィキソース]]を参照
 
===和歌===
*[[春]]の夜の[[夢|ゆめ]]のうき橋とだえして峰にわかるる横雲のそら
 
 
*帰るさのものとや人のながむらん待つ[[夜]]ながらの有明の月
 
===歌論===
*やまとうたの道、浅きに似て深く、易きに似て難し。弁へ知る人またいくばくならず。
**『近代秀歌』
 
*いはむや近き世の人は、ただ思ひ得たる風情を三十字に言ひ続けむことを先として、さらに姿詞の趣を知らず。
**『近代秀歌』
 
*おろそかなる親の教へとては、「歌は広く見遠く聞く道にあらず。心より出でて自らさとるものなり」とばかりぞ申し侍りしかど、それをまことなりけりとまでたどり知ることも侍らず。
**『近代秀歌』
 
===発言===
*紅旗征戎非吾事
** 書き下し:紅旗征戎、吾が事にあらず。
**『明月記』治承4年(1180)
 
=== 藤原定家に関する引用 ===
5,744

回編集