「哲学」の版間の差分

== 出典の確かなもの ==
* ホレイショよ、この天と地の間には、おまえの哲学が夢見る以上のものがあるのだ。 --[[ウィリアム・シェイクスピア]]『ハムレット』第1幕第5場、ハムレットの台詞
 
* 哲学、/法学に医学、/無念ながら[[神学]]さえも、/熱烈な[[努力]]によって、徹底的に俺は学んだ。/だが俺はいまだに哀れな[[阿呆]]、/始めた時と賢さでは変わりないときたものだ。--[[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ]]『ファウスト』第1部、「夜」、354行以下。ファウストの独白。
 
* 哲学、名詞:どこからどこへも通じていないたくさんの小道からなる大きな道。 --[[アンブローズ・ビアス]]
*:{{lang|en|Philosophy, n. : A route of many roads leading from nowhere to nothing.}}
 
* 哲学者たちは[[世界]]を色々な仕方でただ解釈してきた。しかし肝心なのは、世界の変革である。--[[カール・マルクス]]『[[w:フォイエルバッハ論|フォイエルバッハ論]]』1845年
*:{{lang|de|Die Philosophen haben die Welt nur verschieden interpretiert; es kömmt drauf an, sie zu verändern.}} - Thesen über Feuerbach. MEW 3, S. 7, 1845
 
* ヨーロッパ哲学の伝統を最も無難な仕方で一くくりにいえば、その伝統とは[[プラトン]]への一連の脚注からなるといえる。--[[アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド]]『過程と現実』1929年
*:{{lang|en|The safest general characterization of the European philosophical tradition is that it consists of a series of footnotes to Plato.}} - ''Process and Reality: An Essay in Cosmology'' (1929)}}
 
== 帰せられるもの ==
5,744

回編集