「ことば」の版間の差分

fmt
(ヨハ1:3の読みを戻します。ここの定冠詞の使い方からはその読みは支持されないと考えます。多数取られている読みを本文に採用し、異読などは注にまわすべきではないでしょうか。)
(fmt)
[[w:言葉|'''ことば''']]に関する引用と諺。
 
== 出典の明らかなもの ==
 
*はじめに言があった。言は[[神]]と共にあり、言は神であった。--[[聖書|新約聖書]]『ヨハネによる福音書』1:1-3
:<font lang="el">Εν αρχη ην ο λογοs, και ο λογοs ην προs τον θεον, και θεοs ην ο λογοs.</font>
::言(ことば)は<font lang="el">λογοsの訳語、音訳で[[w:ロゴス|ロゴス]]ともいう。キリスト教ではキリストのこと。
*志貴島の[[日本]](やまと)の國は[[w:言霊|事靈]]の佑(さき)はふ國ぞ福(さき)くありとぞ
*:志貴島倭國者事靈之所佐國叙眞福在與具 -- 柿本人麻呂『萬葉集』
*神代より言ひ傳て來らく そらみつ大和の國は 皇神(すめかみ)の嚴くしき國 言靈の幸ふ國と 語り繼ぎ言ひ繼がひけり
*:神代欲理 云傳久良久 虚見通 倭國者 皇神能 伊都久志吉國 言霊能 佐吉播布國等 加多利継 伊比都賀比計理 -- 山上憶良『萬葉集』894
 
*志貴島の[[日本]](やまと)の國は[[w:言霊|事靈]]の佑(さき)はふ國ぞ福(さき)くありとぞ --[[柿本人麻呂]]『萬葉集』
* 私たちは仰々しい[[言葉]]をたくさん並べるけれど、それにふさわしい行動は全くしていないのです。
 
*:We have too many high sounding words, and too few actions that correspond with them. -[[アビゲイル・アダムス]]
*神代より言ひ傳て來らく そらみつ大和の國は 皇神(すめかみ)の嚴くしき國 言靈の幸ふ國と 語り繼ぎ言ひ繼がひけり --[[山上憶良]]『萬葉集』894
::夫への手紙(1774年)
 
* [[和歌|やまとうた]]は、[[人|ひと]][[心|こころ]]をたねとして、よろずのことの葉とぞなれにける。 -- [[紀貫之]]『古今和歌集仮名序』
 
* 私たちは仰々しい[[言葉]]をたくさん並べるけれど、それにふさわしい[[行動]]は全くしていないのです。 --[[アビゲイル・アダムズ]]
**夫・米第二代大統領ジョン・アダムズへの手紙(1774年)
 
== 関連項目 ==
* [[沈黙]][[雄弁]]も参照のこと。・[[文字]]
 
== 外部リンク ==
*やまとうたは、ひとのこころをたねとして、よろずのことの葉とぞなれにける。 -- 『古今和歌集仮名序』
{{wikipedia}}
 
[[Category:主題別|こ {{PAGENAME}}とば]]
[[沈黙]]、[[雄弁]]も参照のこと。
 
[[de:Wort]]
[[Category:主題別|こ {{PAGENAME}}]]
[[el:Λέξεις]]
[[en:Words]]
[[it:Parola]]
[[lt:Žodis]]
[[pl:Słowo]]
[[pt:Palavras]]
[[sl:Beseda]]
5,744

回編集