「愛」の版間の差分

(robot Adding: ar, bg, bs, ca, el, es, gl, la, lt, ru, sl, tr)
[[Category:主題別|あ 愛]]
[[w:愛|愛]]に関する引用。
<!-- [[de:Liebe]]-->
 
== 出典の明らかなもの ==
*愛においては、口よりも手と[[目]]のほうが、たいがい、より[[雄弁]]に語る。--[[リカルダ・フーフ]]
 
*:"In der Liebe sprechen Hände und Augen meist lauter als der Mund." - Ricarda Huch
* 今は[[信仰|信]]、[[希望|望]]、愛、此の三つのもの存す。其中に最も大いなる者は愛なり。--[[パウロ]]『[[コリントの信徒への手紙一]]』(コリント前書)13:13、正教会訳。
 
<!-- [[de:Liebe]]-->
*[[太陽]]と他の[[星]]を動かす愛 -[[ダンテ・アリギエーリ]]
*:*天国篇第33歌最終行
 
*愛から出たのでない知とは何でしょうか? -- [[ベッティーナ・フォン・アルニム]]、ゲーテへの手紙
*:"Was ist Wissen, das nicht von der Liebe ausgeht?" - Bettina von Arnim, Goethes Briefwechsel mit einem Kinde
 
*最高のそしてもっとも深い愛とは[[母性愛]]である。-- [[ルートヴィヒ・フォイアーエルバッハ]]、『キリスト教の本質』
*:"Die höchste und tiefste Liebe ist die Mutterliebe." - Ludwig Feuerbach, Das Wesen des Christentums
 
*愛は惜しみなく奪うものだ。-[[有島武郎]]
*:『惜しみなく愛は奪う』
 
== 帰せられるもの ==
*互いに愛し合え。-- [[イエス・キリスト]]
 
*愛というものは、愛されることによりも、むしろ愛することに存すると考えられる。 -- [[アリストテレス]]、『ニコマコス倫理学』
 
* 愛に満たされるものは[[神]]ご自身に満たされる。--[[アウグスティヌス]]
 
* 愛は魂の美である。--[[アウグスティヌス]]
 
<!-- [[de:Liebe]]-->
*愛においては、口よりも手と[[目]]のほうが、たいがい、より[[雄弁]]に語る。--[[リカルダ・フーフ]]
*:"In der Liebe sprechen Hände und Augen meist lauter als der Mund." - Ricarda Huch
 
*愛は魔術のように働く。-- [[ノヴァーリス]]
*:"Die Liebe wirkt magisch." - Novalis
 
*愛の対象はそれぞれ[[天国]]の中心だ。 -- [[ノヴァーリス]]
*:"Jeder geliebte Gegenstand ist der Mittelpunkt eines Paradieses." - Novalis
<!-- ここまで[[de:Liebe]]-->
 
*愛は[[生命]]だ。私が[[理解]]するものすべてを、私はそれを愛するがゆえに理解する。--[[レフ・トルストイ]]
 
<!-- [[en:Love]] -->
 
*罪を憎み、罪人を愛しなさい。-- [[マハトマ・ガンジー]]
*:"Hate the sin and love the sinner." - Mohandas Gandhi
 
*愛はもっともすばやく育つものに見える、だがもっとも育つのに遅いもの、それが愛なのだ。 -- [[マーク・トウェイン]]
*:"Love seems the swiftest, but it is the slowest of growths." - Mark Twain
 
*世界でもっともよく、もっとも美しい事柄は目に見えず、触ることもできません。それらは心で感じ取られなければいけないのです。-- ヘレン・ケラー
*:One word frees us of all the weight and pain of life; that word is love. ~ Sophocles
-->
 
*愛は惜しみなく奪うものだ。-[[有島武郎]]
*:『惜しみなく愛は奪う』
 
*[[太陽]]と他の[[星]]を動かす愛 -[[ダンテ・アリギエーリ]]
*:"L'amor che move il sole e l'altre stelle."
*:天国篇第33歌最終行
 
 
*互いに愛し合え。-- [[イエス・キリスト]]
*愛というものは、愛されることによりも、むしろ愛することに存すると考えられる。 -- [[アリストテレス]]、『ニコマコス倫理学』
 
<!-- interlang links -->
5,740

回編集