メインメニューを開く

差分

全面的に改訳
(Horatio Nelson) イングランド海軍提督、子爵。アメリカ独立戦争やナポレオン戦争で活躍した。
 
* ひとりにしてくれ。私はまだ両脚とを一本もっているはまだ大丈夫だ。外科医に急いを早く呼んで手術するようにいってくれ。私は右腕がだめくさなければいけないことはわかっている。だから取ってなるべく早く切断まうのが早ければ、そのほうがいいのだ
*: Let me alone: I have yet my legs and one arm. Tell the surgeon to make haste and his instruments. I know I must lose my right arm, so the sooner it's off the better.
::1797年7月24日、サンタ・クルズ・デ・テネリフェで攻撃を受けて負傷した際に。
 
* まず[[勝利]]を収めよう。だ、それから自分に可能好き限り最善の仕方で結果ように勝利すればいるのだ
*: First gain the victory and then make the best use of it you can.
::1798年8月1日、ナイル河の戦いの前に。
::1798年、グレートヤーマス帰還時の歓迎に際して。ノーフォークはネルソンの出身地。
 
*諸君、敵が失敗し間違っ方針で動には始めたら、あまりにも早く敵に手を出してはいけないのだ
*:Gentlemen, when the enemy is committed to a mistake we must not interrupt him too soon.
 
*:I cannot command winds and weather.
 
*私はこれら徽章を得たことを名誉に思うは私の誇りだ。だから私はこれらとと着けたまま死んでに死ぬことを名誉に思う本望だ
*:In honour I gained them, and in honour I will die with them.
::制服の上の身分を現す徽章を戦闘中覆うように進言された際の答え。
 
* 時間がすべてだ。5分の差が勝利と北の差作り出す分ける
*:Time is everything; five minutes make the difference between victory and defeat.