「夏」の版間の差分

→‎引用: 修正
(ロボットによる 追加: lt:Vasara)
(→‎引用: 修正)
*夏の[[夜]]はまだ宵ながらあけぬるを雲のいづこに[[月]]やどるらむ --[[清原深養父]]
 
*夏は、夜。よる 月のころはさらなり。闇 やみ。[[蛍]]たるほそちがひたる またただひとふたつなどほのかにうちひかりてくもをかし。[[雨]] あめなどのふさへをかし -- [[清少納言]] 『枕草子』三巻前田家
 
*[[風]]そよぐならの小川の[[夕暮れ]]はみそぎぞ夏のしるしなりける --[[藤原家隆]]
858

回編集