「小林一茶」の版間の差分

 
*信濃では月と仏とおらがそば (小林一茶の句とされているが柏原宿の本陣・問屋に生まれ「七番日記」を公刊し一茶同好会主として一茶の顕彰につとめた中村六郎の作との説が有力。一茶の「そば時や月の信濃の善光寺」と「おらが春」をもじった後世の偽作らしい)
*親は死ね子は死ねあとで孫は死ね(中村六郎の作といわれている)
 
*何のその百万石も笹の露(中村六郎の作といわれている)
[[Category:俳人|こ 小林一茶]]
[[Category:日本人|こ 小林一茶]]
匿名利用者