「小林一茶」の版間の差分

*大蛍ゆらりゆらりと通りけり
*うつくしや障子の穴の天の川
*名[[月]]取てくれろとなくばさぬきのみやつかな0
 
*有明や浅間の霧が膳を這ふ
*涼風の曲がりくねつて来たりけり
あlsg;かgひあqん:blk]]が鳴く
*春雨や食はれ残りの[[鴨]]が鳴く
*故郷やよるもさはるも茨の花
*亡き母や海見るたびに見るたびに
*でぶ[[蛙]](やせでぶがえる)まけるな一茶これにあり
*雪とけて村いっぱいの子供かな
*古郷やよるもさはるも茨(ばら)の花
匿名利用者