「織田信長」の版間の差分

60.38.253.150 (会話) の 15725 版の編集を取り消し人間五十年の引用
(60.38.253.150 (会話) の 15725 版の編集を取り消し人間五十年の引用)
* 先車の覆るを見て、後車の戒めとする。<!--要出典調査-->
 
=== 信長が愛用した引用句 ===
織田ちゃん
「此時、信長敦盛の舞遊ばし候 ''人間五十年 下天の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり 一度生を得て成せぬ者はあるべきか''と候て」 - 『[[信長公記]]』[[太田牛一]]
*:「人間五十年 化天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり 一度生を受け滅せぬ者の有るべきか」 - 幸若舞「敦盛」第三段 熊谷の発心
 
=== 信長についての引用句 ===
* 夜話のとき或人の云けるは、人の仮托に出る者ならんが、其人の情実に能く恊へりとなん。<br> 郭公を贈り参せし人あり。されども鳴かざりければ、<br> なかぬなら殺してしまへ時鳥    織田右府<br>-- 靜山 松浦清『甲子夜話』巻五十三538〕(松浦静山、中村幸彦 中野三敏校訂『甲子夜話』4、東洋文庫 333、平凡社 、昭和53年)
 
<!-- コメントアウトしました。詳細はノート参照。
858

回編集