「辞世の句」の版間の差分

編集の要約なし
*大君の御はたのもとにして死してこそ、人と生まれし甲斐ぞありけり -[[大田實]]
*すがすがし暴風のあと月清し -[[大西瀧治郎]]
*一死以テ大罪シ奉ル -[[阿南惟幾]]
*悔いもなく怨みもなくて行く黄泉(よみじ) -[[松岡洋右]]
*我ゆくもまたこの土地にかへり来ん國に酬ゆることの足らねば -[[東條英機]]
75

回編集