「長崎県」の版間の差分

*対馬(つしま)の嶺(ね)は 下雲(したぐも)あらなふ 可牟(かむ)の嶺(ね)に たなびく雲を 見つつ偲(しの)はも
*:『[[万葉集]]』巻十四・3516
 
*百船(ももふね)の 泊(は)つる対馬の 浅茅山(あさぢやま) しぐれの雨(あめ)に もみたひにけり
*:『万葉集』巻十五・3697
 
*竹敷(たかしき)の 玉藻(たまも)靡(なび)かし 漕ぎ出(で)なむ 君がみ船を いつとか待たむ
*:『万葉集』巻十五・3705
149

回編集