「桑名」の版間の差分

*:[[民謡]]『桑名の殿様』
 
*桑名の夜は暗かつた<br />蛙(かへる)がコロコロ鳴いてゐた<br />夜更の駅には駅長が<br />綺麗な砂利を敷き詰めた<br />プラットホームに只(ただ)独り<br />ランプを持つて立つてゐた<br /><br />桑名の夜は暗かつた<br />蛙がコロコロ泣いてゐた<br /><br />焼蛤貝(やきはまぐり)の桑名とは<br />此処(ここ)のことかと思つたから<br />駅長さんに訊(たづ)ねたら<br />さうだと云つて笑つてた<br /><br />桑名の夜は暗かつた<br />蛙がコロコロ鳴いてゐた<br />大雨(おおあめ)の、霽つた(あがつたばかりのその夜(よる)は<br />風もなければ暗かつた
*:「此の夜、上京の途なりしが、京都大阪間不通のため、臨時関西線を運転す」
*::[[中原中也]]『桑名の(桑名の)』(1935年8月12日)
*::「桑名の'''駅'''は暗かつた(「桑名の'''駅'''は暗かった」)」とするのは、世間に広まった誤り。
 
*その手は桑名の焼き蛤
149

回編集