「冬至」の版間の差分

*桓武天皇延暦三年十一月戊戌朔、勅して曰く、十一月朔旦冬至は、これ歴代の希遇にして、王者の休祥なり。朕不徳にして今に値ふを得たり。思ふに慶賞を行ひ、ともに嘉辰を悦び、公卿已下よろしく普賜を加へ、京畿当年田租ならびにこれを免ずべし。 -其諺『滑稽雑談』
*:『続日本紀』の記事として出ている。
 
{{DEFAULTSORT:とうし}}
[[Category:季節]]
77

回編集