「紀貫之」の版間の差分

古今和歌集 元永本に合わせてみる
(抜粋)
 
(古今和歌集 元永本に合わせてみる)
日本の歌人。
 
=== 『古今和歌集』===
==== 仮名序 ====
*やまとうた 人の心をたねとして よろづの言の葉とぞ なれりける
 
世の中にある 人ことわざ しげきものなれば 心に思ふ事を 見るものきくものに つけていひいだせるなり
*生きとし生けるもの、いづれか歌を詠まざりける。
 
*生花になくうぐひす 水にすむかはづの声をきけば いきとしけるものいづれか歌をまざりける
*カをも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ、男女の仲をも和らげ、猛きもののふの心をも慰むるは歌なり。
*カちからをもれずして天地あめつちうごかし、目に見えぬ 鬼神をもあはれとおもはせ 男女のなかをもやはらげ、猛 たけきものふの心をもなぐさむるは歌なり
 
この歌 天地の開け始まりけるときより いできにけり しかあれども 世に伝はることは ひさかたの天にしては 下照姫に始まり あらがねの地にしては 素戔嗚尊よりぞ起こりける ちはやぶる神世には うたのもじも定まらず すなほにして 言の心分きがたかりけらし 人の世となりて 素戔嗚尊よりぞ起こりける
*この歌、天地の開け始まりける時より出で来にけり。
 
ちはやぶる神世には、歌の文字も定まらず、すなほにして、言の心分きがたかりけらし
*難波津の歌は、帝の御始めなり。安積山のことばは、采女のたはぶれより詠みて、このふた歌は、歌の父母のやうにてぞ、手習ふ人の初めにもしける。
 
人の世となりて、素戔嗚尊よりぞ、三十文字余り一文字はよみける
*いにしへより、かくつたはるうちにも、ならの御時よりぞ、ひろまりにける。かのおほむ世や、うたの心をしろしめしたりけむ。かのおほむ時に、おほきみつのくらゐ、かきのもとの人まろなむ、うたのひじりなりける。
かくてぞ 花をめで 鳥をうらやみ 霞をあはれび 露をかなしぶ心 言葉多く さまざまになりにける。遠き所も いで立つ足もとより始まりて 年月をわたり 高き山も ふもとの塵泥よりなりて 天雲たなびくまで生ひ上れるごとくに この歌も かくのごとくなるべし
 
難波津の歌は 帝の御初めなり
*人まろはあかひとがかみにたたむことかたく、あか人は人まろがしもにたたむことかたくなむありける。
 
*難波津の歌は、帝の御始めなり。安積山のことばは 采女のたはぶれよりみて このふた歌は 歌の父母のやうにてぞ 手習ふ人の 初めにもしける
*たとひ時うつり、ことさり、たのしび、かなしびゆきかふとも、このうたのもじあるをや。
 
いにしへより かくつたはるうちにも ならの御時よりぞ ひろまりにける
*うたのさまをもしり、ことの心をえたらむ人は、おほぞらの月を見るがごとくに、いにしへをあふぎて、いまをこひざらめかも。
 
かのおほむ世や うたの心をしろしめしたりけむ
 
[[Category:日本]]
144

回編集