「額田王」の版間の差分

ぬかだのおおきみ。[[w:斉明天皇|斉明]]朝から[[持統天皇|持統朝]]の、代表的な万葉歌人。大海人皇子(のちの[[天武天皇]])の妃。[[十市皇女]]の母。のちに[[天智天皇]]と関係したといわれる。
 
*熟田津に [[船]]乗りせむと [[月]]待てば [[海|潮]]もかなひぬ 今は漕ぎ出でな
*:熱田津爾 船乘世武登 月待者 潮毛可奈比沼 今者許藝乞菜 -- 『萬葉集』巻の一・8
*::熟田津は現在の道後温泉。当時は海港であった。
 
*あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る
*:茜草指 武良前野逝 標野行 野守者不見哉 君之袖布流 -- 『萬葉集』巻の一・20
 
*君待つと わが[[恋|恋ひ]]をれば わが屋戸の すだれ動かし [[秋]]の風吹く
*:君待登 吾戀居者 我屋戸之 簾動之 秋風吹 -- 『萬葉集』巻の四・488
 
149

回編集