「フリードリヒ・ニーチェ」の版間の差分

編集の要約なし
*ニーチェは愚かで常軌を逸している。--[[レフ・トルストイ]]
 
*彼その人は実に愛すべき人で、誠実の点では彼におよぶ者はありません。こんな人がキリスト教の最大の敵とならざるを得なかったということが、そのままキリスト教国の実状を物語るものであり、これこそ悲しむべき点です。--[[内村鑑三]] (1917年3月6日 米国サラトガ D・Cベルにあてた手紙)
 
==外部リンク==
2

回編集