「麻生太郎」の版間の差分

**2008年11月20日、全国知事会にて
*「67、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらかかっている者がいる。学生時代はとても元気だったが、今になるとこちらの方がはるかに医療費がかかってない」「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ」
** 67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらにかかっている者がいる。彼らは、学生時代はとても元気だったが、今になるとこちらの方がはるかに医療費がかかってない。それは毎朝歩いたり何かしているからである。私の方が税金は払っている。たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ。だから、努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブがないといけない。予防するとごそっと減る。 病院をやっているから言うわけではないが、よく院長が言うのは、「今日ここに来ている患者は 600人ぐらい座っていると思うが、この人たちはここに来るのにタクシーで来ている。あの人はどこどこに住んでいる」と。みんな知っているわけである。あの人は、ここまで歩いて来られるはずである。歩いてくれたら、2週間したら病院に来る必要はないというわけである。その話は、最初に医療に関して不思議に思ったことであった。
**2008年11月20日、経済財政諮問会議にて
**2008年11月20日 経済財政諮問会議第25回会議にて [http://www.keizai-shimon.go.jp/minutes/2008/1120/agenda.html ]
 
{{Wikipedia|麻生太郎}}
275

回編集