「小泉純一郎」の版間の差分

 
=== 首相在任中 ===
*協力して「聖域なき構造改革」に取り組む「'''改革断行内閣'''」
*今の痛みに耐えて明日を良くしようという「'''[[w:米百俵|米百俵の精神]]'''」こそ、改革を進めようとする今日の我々に必要ではないでしょうか。
** [[wikisource:ja:第151回国会における小泉内閣総理大臣所信表明演説|第151回国会における小泉内閣総理大臣所信表明演説]]
* かつてのように、民間企業は商品券は配達できるが、地域振興券はできないという旧郵政省のわけのわからない論理は通用しない。
** 2001年5月9日 施政方針演説 民主党代表質問に答えて
** 2001年05月09日 衆議員本会議 鳩山由紀夫に「抵抗勢力は誰のことか?」と質問されて。
*痛みに耐えてよく頑張った! 感動した!
*聖域なき構造改革
*米百俵
*[[w:三位一体|三位一体]]の改革
*人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろです。
*マスコミはイラク戦争反対というが、それは間違っている。イヤでもやんなきゃいけないことはあるんだ。牛やブタを殺してたべるだろう。そういうイヤなことをしないと、われわれはおいしいお肉など食えない。だからイヤでも牛やブタはころしていかなければいけないんだ。 {{要出典}}
*世論が間違っていることもある。
**より正確には、2003年3月5日の参議院予算委員会で、民主党の[[直嶋正行]]が、米英などのイラクへの武力行使([[イラク戦争]]開戦)と、小泉政権の全面支持に対して「それに対して日本国民の大体世論調査を見ると七割から八割は反対だと、こう言っているわけですね。<br />もしこのままそういう事態に立ち至った場合、総理はこの世論とのギャップをどうやってお埋めになるんでしょうか。」と質問したことへの答弁。「世論が、ある場合は正しい場合もある、ある場合は世論に従って政治をすると間違う場合もある。それは歴史の事実が証明しているところであります。」と返した。
 もしこのままそういう事態に立ち至った場合、総理はこの世論とのギャップをどうやってお埋めになるんでしょうか。」と質問したことへの答弁。「世論が、ある場合は正しい場合もある、ある場合は世論に従って政治をすると間違う場合もある。それは歴史の事実が証明しているところであります。」と返した。
*スパゲティ、マカロニ、ソフィア・ローレン!
** 米国ジョージア州シーアイランドで開催された第30回主要国首脳会議に於いて、2004年6月9日の記念撮影時、イタリア首相シルヴィオ・ベルルスコーニに話し掛けた際の奇声。ベルルスコーニは呆気に取られ、記者団の中からは「Shame on you!(恥を知れ!)」と言う小泉に対する罵声まで上がったが、彼はそれに対し「サンキュー!」と答えた。
* この選挙は郵政民営化の是非を問う郵政選挙です。
** 2005年8月8日 [http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2005/08/08kaiken.html 衆議院解散を受けての総理記者会見]
* 廃案は内閣不信任で退陣要求、倒閣運動と受け取るのが自然
** 郵政民営化法案について
*新記録、大記録、見事だ。おめでとう
*そんなの全部読めるわけないじゃないか。だいたい政治家でそんなもん全部読んでる人なんていませんよ。
** 2006年8月15日 靖国神社参拝について「総理大臣の立場としての参拝ということか?」に答えて。
* 中韓の反対にノーと言いノーといえる国として生まれ変わる。
* 私は、このことが中国にとって愉快ではないということは承知しておりますが、日本人として戦没者にしかるべき敬意を払う、感謝の誠をささげるというのは決して悪いことではないと思っております。そして、よその国が、死者に対する慰霊の仕方に、自分たちの考えと違うからよろしくないと言って、はい、そうですかと言って従っていいものだろうか、これも疑問に感じております。
** 平成16年10月18日 衆議院予算委員会
 
=== 首相退任後 ===
275

回編集