「小泉純一郎」の版間の差分

*痛みに耐えてよく頑張った! 感動した!
*[[w:三位一体|三位一体]]の改革
* 社員はこうだと言いますけれども、人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろです。
** 2004年06月02日 衆議院 決算行政監視委員会
** 岡田党首から年金未納について「私はちゃんと謝られた方がいいと思いますよ。」を受けて。これに「恐らく岡田さんの関係の会社だって、全部社員が同じように働いているという社員ばかりじゃないと思いますよ。」と続く。
*この程度の公約を守れない事は大した事ではない。
**国債30兆枠の公約を守れなかった事を非難されて。
*スパゲティ、マカロニ、ソフィア・ローレン!
** 米国ジョージア州シーアイランドで開催された第30回主要国首脳会議に於いて、2004年6月9日の記念撮影時、イタリア首相シルヴィオ・ベルルスコーニに話し掛けた際の奇声。ベルルスコーニは呆気に取られ、記者団の中からは「Shame on you!(恥を知れ!)」と言う小泉に対する罵声まで上がったが、彼はそれに対し「サンキュー!」と答えた。
*新記録、大記録、見事だ。おめでとう
*「格差が出ることが悪いとは思わない。成功者をねたんだり、能力ある者の足を引っ張ったりする風潮を慎まないと社会は発展しない。」
** 2006年2月1日の参院予算委員会で <ref>[http://web.archive.org/web/20060203022334/www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060202AT1E0100P01022006.html] 日本経済新聞2006/2/1]</ref>
*「貸す方も悪いけれども、借りるほうも悪い」2006年5月(消費者金融について、衆議院行革特別委員会において)
 
==== イラク派兵 ====
*私に今、どこが戦闘地域でどこが非戦闘地域か聞かれても、分かるはずがない
*自衛隊の活動している地域は非戦闘地域
*マスコミはイラク戦争反対というが、それは間違っている。イヤでもやんなきゃいけないことはあるんだ。牛やブタを殺してたべるだろう。そういうイヤなことをしないと、われわれはおいしいお肉など食えない。だからイヤでも牛やブタはころしていかなければいけないんだ。 {{要出典}}
*世論が間違っていることもある。
**より正確には、2003年3月5日の参議院予算委員会で、民主党の[[直嶋正行]]が、米英などのイラクへの武力行使([[w:イラク戦争|イラク戦争]]開戦)と、小泉政権の全面支持に対して「それに対して日本国民の大体世論調査を見ると七割から八割は反対だと、こう言っているわけですね。<br />もしこのままそういう事態に立ち至った場合、総理はこの世論とのギャップをどうやってお埋めになるんでしょうか。」と質問したことへの答弁。「世論が、ある場合は正しい場合もある、ある場合は世論に従って政治をすると間違う場合もある。それは歴史の事実が証明しているところであります。」と返した。
 
*スパゲティ、マカロニ、ソフィア・ローレン!
==== [[w:郵政民営化|郵政民営化]] ====
** 米国ジョージア州シーアイランドで開催された第30回主要国首脳会議に於いて、2004年6月9日の記念撮影時、イタリア首相シルヴィオ・ベルルスコーニに話し掛けた際の奇声。ベルルスコーニは呆気に取られ、記者団の中からは「Shame on you!(恥を知れ!)」と言う小泉に対する罵声まで上がったが、彼はそれに対し「サンキュー!」と答えた。
* そのときガリレオは、それでも地球は動くと言ったそうです。私は、今、国会で、郵政民営化は必要ないという結論を出されましたけれども、もう一度国民に聞いてみたいと思います。本当に郵便局の仕事は国家公務員でなければできないのかと。民間人ではやってはいけないのか。これができないで、どんな公務員削減ができるんでしょうか。どういう行政改革ができるんでしょうか。
* この選挙は郵政民営化の是非を問う郵政選挙です。
* 廃案は内閣不信任で退陣要求、倒閣運動と受け取るのが自然
** 郵政民営化法案について
*新記録、大記録、見事だ。おめでとう
*そんなの全部読めるわけないじゃないか。だいたい政治家でそんなもん全部読んでる人なんていませんよ。
**郵政民営化法案の冊子を読んだのかと聞かれて。
* 政界の奇跡だね。小泉を支持してくれた国民の皆さんのおかげだ
*「格差が出ることが悪いとは思わない。成功者をねたんだり、能力ある者の足を引っ張ったりする風潮を慎まないと社会は発展しない。」
 
** 2006年2月1日の参院予算委員会で <ref>[http://web.archive.org/web/20060203022334/www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060202AT1E0100P01022006.html]日本経済新聞2006/2/1</ref>
==== 外交 ====
*「貸す方も悪いけれども、借りるほうも悪い」2006年5月(消費者金融について、衆議院行革特別委員会において)
* 総理大臣である、人間、小泉純一郎が参拝しているんです。
** 2006年8月15日 靖国神社参拝について「総理大臣の立場としての参拝ということか?」に答えて。
275

回編集