「松尾芭蕉」の版間の差分

→‎『野ざらし紀行』: 山路来て何やらゆかしすみれ草
(ミスった…)
(→‎『野ざらし紀行』: 山路来て何やらゆかしすみれ草)
*辛崎の松は花より朧にて
*手に取らば消えん涙ぞ熱き秋の霜
*山路来て何やらゆかしすみれ草
 
==== 『笈の小文』 ====
275

回編集