「太宰治」の版間の差分

==== 走れメロス ====
*メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。
*口では、どんな清らかなことでも言える。わしには、人のはらわたの奥底が見えすいてならぬ。
*「セリヌンティウス」メロスは眼に涙を浮べて言った。「私を殴れ。ちから一ぱいに頬を殴れ。私は、途中で一度、悪い夢を見た。君が若(も)し私を殴ってくれなかったら、私は君と抱擁する資格さえ無いのだ。殴れ。」
:セリヌンティウスは、すべてを察した様子で首肯(うなず)き、刑場一ぱいに鳴り響くほど音高くメロスの右頬を殴った。殴ってから優しく微笑(ほほえ)み、
79

回編集