「坂本龍馬」の版間の差分

*:沈んだ「いろは丸」の賠償金を紀州藩に支払わせるため、龍馬が作り、長崎の丸山で流行させた歌。
*人に会ふとき、もし臆するならば、その相手が夫人とふざけるさまは如何ならんと思へ。
*丸くとも一かどあれや人心あまりまろきは ころびやすきぞ
*:坂本龍馬詠草(和歌)
 
 
[[category:日本人|さ さかもとりようま]]
10

回編集