「風」の版間の差分

春の風をまとめ
(ロボットによる 追加: ca, cs, en, es)
(春の風をまとめ)
[[w:風|'''風''']]に関する引用句、諺。
 
==出典の明らかな引用==
*彼等は風の中で蒔き[[嵐]]の中で刈り取る。--『[[ホセア書]]』8:7
*:ウルガタ訳:{{lang|la|''Quia ventum seminabunt et turbinem metent.''}}
 
*秋きぬと[[目]]にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる -[[藤原敏行]]
**『古今和歌集』収録。
 
*花の香を風のたよりにたぐへてぞ[[鶯]]さそふしるべにはやる -[[紀友則]]
**『古今和歌集』収録。
 
*[[山]][[川]]に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ[[紅葉]]なりけり -[[春道列樹]]
**『古今和歌集』収録。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。
 
*東風吹かばにほひおこせよ[[梅]]の花あるじなしとて春を忘るな - [[菅原道真]]
**『拾遺和歌集』収録。
 
*風をいたみ岩うつ波のおのれのみくだけて物を思ふころかな -[[源重之]]
**『後撰集』巻六。[[藤原定家]]の『小倉百人一首』にも収録。
 
*[[秋]]は、夕暮。夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに、[[烏]]の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。まいて[[雁]]などの列ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。…[中略][[太陽|日]]入り果てて、風の[[]]、[[虫]]の音など、はたいふべきにあらず。 - [[清少納言]]三巻本系『枕草子』「春は」
 
*[[夕]]されば野辺の秋風身にしみて[[鶉]]鳴くなり深草の里 -[[藤原俊成]]
 
*石山の石より白し秋の風 --松尾芭蕉『おくのほそ道』
 
==帰せられるもの==
*春風や堤長うして家遠し -[[与謝蕪村]]
 
*何となく、<BR>今年はよい事あるごとし。<BR>[[元日]]の[[朝]]、晴れて風無し。 -[[石川啄木]]
 
*[[夏]]の風[[山]]よりきたり三百の牧の[[馬|若馬]]耳ふかりけり --[[与謝野晶子]]
===春の風===
*孟春の月、東風凍りを解く。
*:孟春之月東風解凍 --『礼記』月令篇
*春風先づ発<sup>〔ひら〕</sup>く 苑中の梅<br />桜杏桃梨 次第に開く
*:春風先發苑中梅<br />櫻杏桃梨次第開 --[[白居易]]「春風」
*東風吹かばにほひおこせよ[[]]の花あるじなしとて春を忘るな - -[[菅原道真]]『拾遺和歌集』雑春
*霞める月の影心にくきを、雨のなごりの風すこし吹きて、花の香なつかしきに、殿のあたりいひ知らず匂ひみちて、人の御心地いと艶なり。--[[紫式部]]『源氏物語』梅枝
*花の香を風のたよりにたぐへてぞ[[]]さそふしるべにはやる --[[紀友則]]『古今和歌集』
*谷河のうち出づる波も声たてつうぐひすさそへ春の山風 --[[藤原家隆]]『新古今和歌集』
*春風や堤長うして家遠し --[[与謝蕪村]]「春風馬堤曲」
*春風の吹いて居るなり飴細工 --[[河東碧梧桐]]
 
== 諺 ==
46

回編集