「坂本龍馬」の版間の差分

「我を」が入らなくても異説の範囲のようだけど、定型に収まりません
(「我を」が入らなくても異説の範囲のようだけど、定型に収まりません)
 
*世に活物たるもの皆衆生なれば、いづれを上下とも定めがたし。いま世の活物にては、ただ我をもって最上とすべし。
*:*『軍中龍馬奔走録』より
*世の人は 我をなんとも 言わば言え 我が為すことは 我のみぞ知る
 
*世の人は なんとも 言わば言え 我が為すことは 我のみぞ知る
*日本を洗濯いたし申候
*船を沈めたその償いは、金を取らずに国を取る。
*:*沈んだ「いろは丸」の賠償金を紀州藩に支払わせるため、龍馬が作り、長崎の丸山で流行させた歌。
*人に会ふとき、もし臆するならば、その相手が夫人とふざけるさまは如何ならんと思へ。
*丸くとも一かどあれや人心あまりまろきは ころびやすきぞ
*:*坂本龍馬詠草(和歌)
*人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある。
 
 
[[category:日本人|さ さかもとりようま]]
247

回編集