「宇津ノ谷峠」の版間の差分

(宇津ノ谷峠)
 
[[w:宇津ノ谷峠]](うつのやとうげ)は、静岡県静岡市駿河区宇津ノ谷と藤枝市岡部町岡部坂下の境にある[[峠]]。
==引用==
*行きゆきて駿河の国にいたりぬ。宇津の山にいたりて、わが入らむとする道は、いと暗う細きに、つたかへでは茂り、物心ぼそく、すずろなるめを見ることと思ふに、<ruby><rb>修行者<sup/rb><rp>〔</rp><rt>すぎゃうじゃ</rt><rp>〕</suprp></ruby>あひたり。「かかる道はいかでかいまする」といふを見れば、見し人なりけり。京に、その人の御もとにとて、文書きてつく。
*:駿河なる宇津の山べのうつゝにも夢にも人にあはぬなりけり --『[[伊勢物語]]』
*宇津の山越ゆる程にしも、阿闍梨の見知りたる山伏行きあひたり。「夢にも人を」など、昔をわざとまねびたらん心地して、いと<ruby><rb>珍<sup/rb><rp>〔</rp><rt>めづら</rt><rp>〕</suprp></ruby>かに、をかしくも<ruby><rb>哀<sup/rb><rp>〔</rp><rt>あはれ</rt><rp>〕</suprp></ruby>にもやさしくも覚ゆ。急ぐ道なりと言へば、文もあまたはえ書かず。たゞやむごとなき所一つにぞ、<ruby><rb>音信<sup/rb><rp>〔</rp><rt>おとづ</rt><rp>〕</suprp></ruby>れ聞ゆる。
*:我が心うつゝともなし宇津の山夢にも遠き都恋ふとて
*:<ruby><rb>蔦楓</rb><rp>〔</rp><rt>つたかへで</rt><rp>〕</rp></ruby>時雨れぬ<ruby><rb></rb><rp>〔</rp><rt>ひま</rt><rp>〕</rp></ruby>も宇津の山涙に袖の色ぞ焦がるゝ --阿仏尼『十六夜日記』
46

回編集