「坂本龍馬」の版間の差分

(「我を」が入らなくても異説の範囲のようだけど、定型に収まりません)
**坂本龍馬詠草(和歌)
*人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある。
*此頃願上度事ハ古人も在云、国家難ニのぞむの際ニハ必、家宝の甲を分チ、又ハ宝刀をわかちなど致し候事。何卒御ぼしめしニ相叶候品、何なり共被遣候得バ、死候時も猶御側ニ在之候思在之候。何卒御願申上候。
**慶応二年十二月四日兄権平宛(手紙にて吉行の刀を求める)
 
[[category:日本人|さ さかもとりようま]]
匿名利用者