「坂本龍馬」の版間の差分

手紙からの引用を入れたいため、
(手紙からの引用を入れたいため、)
さかもと りょうま。江戸時代末期の志士。
 
=== 和歌からの引用 ===
*世に活物たるもの皆衆生なれば、いづれを上下とも定めがたし。いま世の活物にては、ただ我をもって最上とすべし。
**『軍中龍馬奔走録』より
*世の人は 我をなんとも 言わば言え 我が為すことは 我のみぞ知る
*丸くとも一かどあれや人心あまりまろきは ころびやすきぞ
 
=== 手紙からの引用 ===
*日本を洗濯いたし申候
**文久3年6月29日坂本乙女宛
*此頃願上度事ハ古人も在云、国家難ニのぞむの際ニハ必、家宝の甲を分チ、又ハ宝刀をわかちなど致し候事。何卒御ぼしめしニ相叶候品、何なり共被遣候得バ、死候時も猶御側ニ在之候思在之候。何卒御願申上候。
**慶応2十二124日兄権平宛(手紙にて吉行の刀を求める箇所)
*先頃西郷より御送被遣候吉行の刀、此頃出京ニも常帯仕候。京地の刀剣家ニも見セ候所、皆粟田口忠綱位の目利仕候。此頃毛利荒次郎出京ニて此刀を見てしきりにほしがり、私しも兄の賜なりとてホコリ候事ニて御座候。
**慶応36二十四24日兄権平宛(手紙にて吉行の刀にふれる箇所)
 
=== その他===
*世に活物たるもの皆衆生なれば、いづれを上下とも定めがたし。いま世の活物にては、ただ我をもって最上とすべし。
**『軍中龍馬奔走録』より
*船を沈めたその償いは、金を取らずに国を取る。
**沈んだ「いろは丸」の賠償金を紀州藩に支払わせるため、龍馬が作り、長崎の丸山で流行させた歌。
*人に会ふとき、もし臆するならば、その相手が夫人とふざけるさまは如何ならんと思へ。
*丸くとも一かどあれや人心あまりまろきは ころびやすきぞ
**坂本龍馬詠草(和歌)
*人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある。
 
*此頃願上度事ハ古人も在云、国家難ニのぞむの際ニハ必、家宝の甲を分チ、又ハ宝刀をわかちなど致し候事。何卒御ぼしめしニ相叶候品、何なり共被遣候得バ、死候時も猶御側ニ在之候思在之候。何卒御願申上候。
**慶応二年十二月四日兄権平宛(手紙にて吉行の刀を求める箇所)
*先頃西郷より御送被遣候吉行の刀、此頃出京ニも常帯仕候。京地の刀剣家ニも見セ候所、皆粟田口忠綱位の目利仕候。此頃毛利荒次郎出京ニて此刀を見てしきりにほしがり、私しも兄の賜なりとてホコリ候事ニて御座候。
**慶応三年六月二十四日兄権平宛(手紙にて吉行の刀にふれる箇所)
 
[[category:日本人|さ さかもとりようま]]
10

回編集