「坂本龍馬」の版間の差分

編集の要約なし
 
=== 手紙からの引用 ===
*日本を今一度せんたくいたし申候 -[http://ja.wikisource.org/wiki/坂本龍馬の手紙/文久3年6月29日付坂本乙女宛 Wikisource文久3年6月29日坂本乙女宛]
*此頃願上度事ハ古人も在云、国家難ニのぞむの際ニハ必、家宝の甲を分チ、又ハ宝刀をわかちなど致し候事。何卒御ぼしめしニ相叶候品、何なり共被遣候得バ、死候時も猶御側ニ在之候思在之候。何卒御願申上候。 -[http://ja.wikisource.org/wiki/坂本龍馬の手紙/慶応2年12月4日付坂本権平宛 Wikisource慶応2年12月4日付坂本権平宛](手紙にて吉行の刀を求める箇所)
*先頃西郷より御送被遣候吉行の刀、此頃出京ニも常帯仕候。京地の刀剣家ニも見セ候所、皆粟田口忠綱位の目利仕候。此頃毛利荒次郎出京ニて此刀を見てしきりにほしがり、私しも兄の賜なりとてホコリ候事ニて御座候。 -[http://ja.wikisource.org/wiki/坂本龍馬の手紙/慶応3年6月24日付坂本権平宛 Wikisource慶応3年6月24日付坂本権平宛](手紙にて吉行の刀にふれる箇所)
 
=== 和歌からの引用 ===
10

回編集