「タイガー・ジェット・シン」の版間の差分

* 「猪木とタッグを組むことは何ら問題は無いよ。ただし猪木が試合中に裏切らなければの話だがな。俺と猪木のタッグが実現すれば、アジアでも最強のチームになるだろう。」(1990年9月アントニオ猪木デビュー30周年直前、自宅にて)
* 「私は長いこと日本でファイトを続けてきたが、日本人がどんどんアメリカ的になっていく点が残念でならない。それもアメリカの良い所ではなく、イージーゴーイングな点ばかり真似しているようだ。若い日本人はもっとアジアの歴史を知るべきじゃないかな。アジアには世界に誇る多数の文化がある。」(1998年春、「[[W:週刊プレイボーイ|週刊プレイボーイ]]」の特集記事より)
* 「アーソーデスカ」「トモダチ」「カレーガタベターイ」「アケマシテオメデト」「オヒサシブリ」「ハヤクーハヤクー」「ワカラナイ ワカラナイ」(1996年、バラエティ番組「[[w:BANG! BANG! BANG!|BANG! BANG! BANG!]]」にて)
* 「チョトマテクダサーイ」(1990年9月アントニオ猪木デビュー30周年、試合後のマイクパフォーマンスにて)
* 「あいつはカッコばかりつけたがる。親父の苦労が分かってないんだ。」(時期不明、[[w:ネットワーク・オブ・レスリング|NOW]]参戦時の後期。それ以前の[[w:フロンティア・マーシャルアーツ・レスリング|FMW]]参戦時には親子タッグも組んでいた、息子のタイガー・ジェット・シン・ジュニアが、悪役である父に反旗を翻し、正統派ファイターを目指すと言った。それに対してシンの口から出た言葉であるが、この発言の後、シンはプロレス記者の前で涙を流した)
匿名利用者