「月」の版間の差分

== 引用 ==
===冬の月===
*いざかくて をり明かしてむ 冬の月 春の花にも 劣らざりけり --[[清原元輔]](『拾遺和歌集』)
*あやしき賤の屋も雪にみな面隠しして、有明の月の隈なきに、いみじうをかし --『[[枕草子]]』(十二月二十四日、宮の御仏名の)
*冷物(すさまじきもの)十二月月夜、十二月扇、十二月蓼水 --『[[二中歴]]』(十列歴)
*[[冬]]の夜の澄める月に雪の光りあひたる空こそ、あやしう色なきものの身にしみて、この世の外のことまで思ひ流され、おもしろさもあはれさも残らぬをりなれ。すさまじき例に言ひおきけむ人の心浅さよ --『[[源氏物語]]』(朝顔)
*すさまじきものにして見る人もなき月の、寒けく澄める廿日あまりの空こそ、心ぼそきものなれ --『[[徒然草]]』(折節のうつりかはるこそ)
*<small>山家冬月</small><br />冬枯れの すさまじげなる 山里に 月のすむこそ あはれなりけれ --[[西行]]『山家集』
 
=== 出典の明確なもの ===
*熟田津に[[船]]乗りせむと月待てば [[海|潮]]もかなひぬ今は漕ぎ出でな -[[額田王]]
46

回編集