「土方歳三」の版間の差分

(節の名前を変更)
* 鉾(ほこ)とりて月見るごとにおもふ哉(かな)あすはかばねの上に照(てる)かと
** 鉾を手に取って月を見るたびに思う。あすはしかばねの上に照るのかと。
幕末研究で知られる霊山歴史館(京都市)の木村幸比古・学芸課長によって、[[辞世の句]]ではないかと言う説が唱えられた。
 
[[カテゴリ:日本人|ひ ひしかたとしそう]]
247

回編集