「紅葉」の版間の差分

追加
(+Cat)
(追加)
*林間に[[酒]]を煖めて紅葉を焼く 石上に詩を題して緑苔を掃ふ -[[白居易]]
*:林間煖酒焼紅葉<br/>石上題詩掃緑苔
 
*妹許跡 馬鞍置而 射駒山 撃越来者 紅葉散筒--作者不明・万葉集 巻十・ 2201
*:いもがりと うまにくらおきて いこまやま うちこえくれば もみちちりつつ
 
*奥山に紅葉ふみわけなく[[鹿]]の こゑきく時ぞ秋はかなしき --[[猿丸太夫]]
 
*見渡せば[[花]]ももみぢもなかりけり浦のとまやの[[秋]]の夕暮 --[[藤原定家]]
 
*吉野山風に乱るるもみぢ葉は我が打つ太刀の血煙と見よ--[[吉村虎太郎]]
 
*落ちて行く身を知りながら紅葉ばの 人なつかしくこがれこそすれ -[[和宮親子内親王]]
 
 
*もみじのモ -[[w:和文通話表]]
1

回編集