「ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
== Notebooks 1914-1916 ==
*人はしばしば、しるしをつけたあとで、それ「どのよやって」真にすであかを見い出す。(1914)
*[[論理]]はそれ自体を参照する。つまり、私たちがしなければならないことのすべというものは、それ論理を観察して、それがどのように何をす舞う見ることである。(1914)
*分的な問題にとらわれるな。しかし、つねにちらこちらに飛翔し続けるということは、あるの総体的なひとつの」偉大な問題の全体を自由俯瞰することで自由な視界がある場所に、いつも飛翔していなさい。たとえ、その景色視界曇っていにぼやけものだとしても。(1914)
*私の困難ただひとつ――とんでもないバケモノだ――表現におけことの非常な困難である。(1915)
*私は、自然状態の命題からは、なにひとつ、個別の独立した論理的な操作をも見い出す得ることが「できない」! (1915)
*次に示すことは、[[哲学者|テツガクシャ]]というものにとっての主要な能力のひとつである。すなわち、自分自身と関わりのない問題によって、自分自身を占領してしまわされないことである。(1915)
*言語は、私たちという有機体の器官の一部分であって、それよりも複雑なものは存在しない。(1915)
*確実なことは、次のように言うことは正しいということだ確実に妥当である。すなわち、善悪を識別する精神神の声である。(1915)
*[[神]]と、[[人生]]の目的とについて、私は何を知りうるというのか?<br />私は、この世界が存在することを知っている。<br />[……]<br />人生の目的という物、さらに言えば、世界の意味というものを、私たちは神と呼ぶことができる。<br />[……]<br />祈ることは、生の意味について考えることである。(1916)
*何らかの神を信じるということが意味するのは、生の意味についての問いを理解するということである。<br />何らかの神を信じるということが意味するのは、世界の諸事実の終わりではないということを見ることである。<br />神を信じるということが意味するのは、生には意味があるということを見い出すことである。(1916)
*[[時間]]の中に生きるではなく、現在を生きる人だけが、幸福である。(1916)
*右記世界というものと、生と、一つである。[……]生と、世界というものと小宇宙、一つである。<br />そして[……]<br />倫理学と美学とは、私の世界一つである。(1916)
*次に記すのは真である。すなわち、人は小宇宙である。<br />すなわち、私は、私の世界である。(1916)
*想像できないものは、語ることもまたできない。(1916)
*自明想像され得い物事は、気軽な関係とそれにつうものは、まったくもっ気軽な関係ではない、という話されることさえ不可能である。(1916)
*自明なのは、気軽な関係というものは、何らかの関係では絶対にない、ということである。(1916)
 
== 論理哲学論考 (1921) ==
 
[[Category:哲学者|ういとけんしゆたいん るうとういひ]]
3

回編集