「花野」の版間の差分

(ページの作成:「'''花野'''(はなの)に関する引用。 ==引用== *秋の野に 咲きたる花を 指(および)折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花...」)
 
(→‎引用: sty)
 
==引用==
*秋の野に 咲きたる花を 指(および)折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花 --[[山上憶良]]
*:秋野尓 咲有花乎 指折 可伎數者 七種花
*:『万葉集』巻八・秋雑歌、1537
*秋萩の 花野のすすき 穂には出でず 我(あ)が恋ひわたる 隠(こも)り妻はも
*:秋芽子之 花野乃為酢寸 穂庭不出 吾戀度 隠嬬波母
*:『万葉集』巻十・秋相聞、2285
*秋の野を 分けゆく露に うつりつつ わが衣手は 花の香ぞする --[[凡河内躬恒]]
*:『新古今和歌集』秋上、335
*露すがる 花野の薄 おのれのみ 草のたもとの 秋や知るらん --[[藤原為家]]
*秋萩の 咲くや花野の 露分けて 衣にすらん 人なとがめそ --[[藤原隆博]]
*:『玉葉和歌集』
*松葉掻く人かすかなる花野かな --[[信徳]]
*松明(まつ)消して海少し見ゆる花野かな --[[与謝蕪村|蕪村]]
*わが犬が蜻蛉(とんぼ)返りの花野かな --[[小林一茶|一茶]]
*なにとなく 君に待たるる ここちして 出でし花野の 夕月夜かな --[[与謝野晶子]]
*こよひ花野の夕づくよ<br />君待ちくらす心地して<br />月映(つきばえ)あかり面(おも)はゆき<br />すゞろ心の胸のときめき。--[[薄田泣菫]]「待ごころ」
 
5,744

回編集