「猫」の版間の差分

+1(JASRACサイトでPD確認済み)
(r2.7.2+) (ロボットによる 追加: fr:Chat)
(+1(JASRACサイトでPD確認済み))
*鳴く猫に赤ん目をして手毬かな --[[小林一茶]]『八番日記』
*京町の猫と通ひけり揚屋町 --[[宝井其角]]
*猫の[[]]へつひの崩より通ひけり --[[松尾芭蕉]]
*吾輩は猫である。名前はまだ無い。 --[[夏目漱石]]『我輩は猫である』
*白猫であれ、黒猫であれ、[[]]を捕ることができる限り良い猫である。 --[[鄧小平]]
*:不管白貓、黑貓、能抓住老鼠就是好貓。
*猫はコタツで丸くなる。--文部省唱歌『雪』
 
==川柳==
*猫でない証拠に[[]]を描いておき
*猫ならば猫にしておけ下手の[[]]
*猫の目によく似た顔に嫁苦労
 
*猫に鰹節
*猫に小判
*猫に[[木天蓼]]、お女郎に小判
*猫の首に[[]]をつける
*猫の子一匹いない
*猫の額
*猫の額にあるものを鼠が窺う
*猫の前の[[]]
*猫の[[]]
*猫の[[]]も借りたい
*猫は三年の恩を三日で忘れる、[[]]は三日飼えば三年恩を忘れぬ
*猫糞
*猫も杓子も
*猫を追うより[[]]を退けよ
*猫を被る
*猫を殺せば七代祟る
*寝ている猫を起こすな。
*:"Il ne faut pas réveiller le chat qui dort."
*火傷した猫が冷たい[[]]を恐れる。
*:"Chat échaudé craint l'eau froide."
*夜に猫は皆灰色になる。
*猫が家から出ると、鼠はテーブルの上で踊る。
*:"Als de kat van huis is, dansen de muizen op tafel."
*猫の[[バイオリン]]のために
*:"Voor de kat zijn viool"
 
*何百もの鼠をごちそうして巡礼の旅に出る。
*:"सौ चूहे खाकर बिल्ली हज को चली"
*目を瞑って[[牛乳]]を飲む猫のようだ。
*:"bekku kaNNu muchchikonDu hAlu kuDidante"
 
196

回編集