「花」の版間の差分

編集の要約なし
(r2.7.2) (ロボットによる 追加: bs, el, en, es, it, nn, pt, sk)
編集の要約なし
 
== 引用 ==
*花といふは桜のことながら、すべて春の花をいふ --服部土芳『三冊子』
 
*唐朝の花は牡丹なり。わが朝の花は桜なり。連俳の花は桜にもあらず、牡丹にてもなし。篇突(へんつき)に云(いわ)く、花は賞翫(しょうがん)の惣名と注す --『宇陀法師』
*あをによし奈良の都は咲く花のにほふがごとく今盛りなり --[[小野老]]
*春風の花を散らすと見る[[夢]]はさめても胸のさわぐなりけり --[[西行]]
 
*よしの山こぞのしをりの[[道]]かへてまだ見ぬかたの花をたづねん --西行
 
*願はくは花の下にて春[[死]]なむ そのきさらぎの[[月|望月]]の頃 --西行
 
*見渡せば花も[[紅葉|もみぢ]]もなかりけり浦のとまやの[[秋]]の夕暮 --[[藤原定家]]
*<font size=-1>ワキ</font> たとひ深山の朽木なりとも、花咲きし木は隠れなし。いはんや仏体に刻める木、などかしるしのなかるべき。<br /><font size=-1>シテ</font> われも賤しき埋木なれども、心の花のまだあれば、手向になどかならざらん。 -観阿弥(世阿弥改作?)『卒塔婆小町』(観世流)
*:ワキ(高野山の僧)とシテ(小野小町)の問答。
{{wikipedia}}
{{wiktionary}}
{{DEFAULTSORT:うめ}}
 
[[Category:植物|はな 花]]
[[Category:植物]]
 
[[bs:Cvijet]]
46

回編集